トイプードルの病気の最近のブログ記事

トイプードルの事故や病気についてお話したいと思います。

トイプードルが1歳になるまでかかり易い病気では、初め環境の変化から、腸内細菌のバランスを崩した下痢が多いようです。
この時期にキャンピロバクターと言うらせん菌の1種が増える場合があるそうなので気をつけてください。
抗生物質で治すことができます。2~3日あれば大丈夫でしょう。

子犬の時の誤飲誤食にも注意しなければなりません。
床に落ちていた紐やぼたんを飲み込んだり、靴下などを噛んで飲んだりしてしまうこともあります。
パソコンや電話のコードにも気をつけてください。

無事に出てしまえば問題はありませんが、体の中に傷がつくなど、1つ間違うと開腹手術になります。
バナナの皮などをまるごと飲みこんで具合が歩くなった話なども耳にします。
子犬の手の届くところから危ないものは排除するようにしてください。

事故では骨折が多く高いところからのジャンプはさせないで下さい。

トイプードルの具合が悪くなったとき、獣医さんにお願いすると思いますが、お医者さん選びも重要です。
飼い主の話をよく聞いてくれる獣医さんを選びましょう。
きちんとした病院は、病気の原因や処置を分かりやすく説明してくれます。
治療費の内訳も教えてくれるので、解らないことはなんでも聞くようにしましょう。

24時間対応してくれる病院などもあるので調べてみてくださいね。
友達でトイプードルを飼っている人が居れば、その友達に相談してみるのもいいでしょう。
いろいろな経験をしていると思うので、1番参考になるのではないかと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちトイプードルの病気カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはトイプードルの歴史です。

次のカテゴリはトイプードルの血統書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。