トイプードルの毛色の話し

| トラックバック(0)

トイプードルの毛色についてお話したいと思います。

トイプードルの毛色は、どの色も必ず退色します。
最初に飼った時の子供の頃の色が一生続くと思いますが、2~3年後は必ず色が変化します。
早い子は3ヶ月ぐらいで毛色が薄くなります。

退色のスピードには、両親の毛色や、歴代の掛け合わせなどが大きく影響し、何年後に退色するといったはっきりしたことは、断言できません。
しかし、歴代レッドの血筋のトイプードルは、生後半年で更に色が濃くなります。2年経っても退色がないと言われ、7歳になったトイプードルが綺麗なままのレッドの子もいます。

最近は毛色がレッドのトイプードルの人気が高く、値段もカラーによって違います。
毛色をメインで購入したいと考えている人は、3代の掛け合わせを確認しショップの人や、ブリーダーの人に疑問に思うことは聞くようにしてください。
同じレッドでも千差万別で、ブリーダーでも知識がなかったり、通販でペットを購入いたりすると、トラブルの原因になります。

毛質は定義上、カーリーの子(巻き毛)とコーテッドの子(縄上)に分かれます。
現在ではカーリーのプードルがほとんどですが、アメリカでは、コーテッドも復活に向け、生み出す努力が続けられています。

毛色、毛質を決めワンちゃんを購入したら、自宅でのケアをしっかりと行ってくださいね。

プードルは、いろいろなカットが楽しめるので、トリマーさんにトイプードルのカット切り抜きなどを持参して、同じように仕上げてもらうのもいいでしょう。毛量や巻きの弱い子もいるので、その子にあったカットをしてあげてくださいね。

トイプードルの毛色は、いろいろなことを調べてから購入したほうがいいと言うことが解っていただけたかと思います。
実際に子犬を目で見てできれば母親も見せてもらい、購入することをお勧めします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/351

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 6日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テーカップトイプードルの話し」です。

次のブログ記事は「トイプードルの性格についての話し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。