トイプードルのお手入れの注意点

| トラックバック(0)

トイプードルのお手入れで特に注意する事は、健康上の問題と毛の手入れです。

トイプードルは耳がたれているので、外耳炎になりやすく、慢性的な外耳炎の子がたくさんいます。
子犬の時にブリーダーから迎えた時点で、耳に異常のある子が50%と言われているほどです。
原因は、水遊びが好きな犬種なので、耳の穴に毛が生えています。これが蒸れやすくなる原因です。

月に一度、この毛を抜いてあげるといいです。
初めはわからないと思うので、購入した先のショップの方に聞くか獣医さんに相談してみてください。
耳の洗浄は1週間に1回ぐらいを目安に行って下さい。獣医さんなどからフランス製の耳の洗浄液を購入できたりするので聞いてみてくださいね。その洗浄液の使い方は、耳に液を流し、耳の穴の下を1分位揉み、その後犬が耳を振った後に、綿棒でふき取ります。
よごれが出てくるので、綺麗にふき取ってください。
きます。綿棒は、綿棒の先の綿がしっかり付いている物を使用してください。耳の中で取れるとトラブルの原因になります。
注意してくださいね。

トイプードルはコートの手入れは毎日行います。
プードルは巻き毛なので、毛玉が出来やすく、抜け毛がからまるので、毎日ブラッシングしてあげるようにしてください。
ブラッシングすることで、毛玉が出来なくなり、抜け毛や汚れ、ほこりの排除が出来ます。ブラッシングは、皮膚に刺激を与えて血行がよくなるので、皮膚病なども防ぐことが出来ます。この作業は、毎日犬と触れ合うことで、ブラッシングだけではなく、健康状態も掌握できます。

ブラッシングのやり方は、力を入れすぎないでスリッカーで全体をブラッシングします。
毛玉は無理に取らず、柔らかくほぐしましょう。この時ブラッシングは楽しいことと認識させましょう。
やさしく声をかけながらブラッシングを行い、終ったら褒めてあげてください。

ちゃんとお手入れすることで、ペットも美しく健康な状態を保つことができます。
面倒だと思わず、お手入れを習慣にして楽しんで行って下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/349

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 3日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トイプードルのシャンプーについて」です。

次のブログ記事は「トイプードルの飼い方で注意する点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。