トイプードルのしつけについての話し

| トラックバック(0)

トイプードルのしつけについてお話したいと思います。
トイプードルに限らず、最初のしつけは根気がいりますね。
しかし怒ってばかりでは、犬も覚えてくれません。
犬を誘導しながら、一つ一つ覚えさせ、出来たときはよく誉めてご褒美をあげましょう。

まず、犬に何をさせたいかを考えてください。
何をさせるべきなのかも重要なポイントです。

犬には、どんな行動をしたらほめられるのか考えています。大好きな飼い主にほめられたいのです。
無視されることは、ショックでもあり、ストレスを与えてしまいます。

はじめは出来なくてあたりまえです。少し間違ったくらいで、怒鳴ったりすることはやめてください。
褒めるときは思いっきり褒めて「よく出来たね」と撫でてください。
叱るときは短く、いつまでも叱っていても意味がありません。その場で悪いことをした時だけ、叱ってください。
時間が経過すると、何に怒られているのか犬はわからなくなります。

本にもたくさんのしつけが書かれていますが、実践して、その子にあったしつけをしてあげてくださいね。
マニュアル通りにすすまないのは当たり前です。
犬には飼い主の感情がわかる生き物です。

はじめて家に迎えるトイプードル。いつからしつけを始め、何のためにしつけをするのか、解らないことも多いと思いますが、しつけは心を通わせる物でもあり、よい関係を維持するために大切なことです

念願のトイプードルが我が家にやって来たのですから、短気にならず、根気よく、しつけを楽しんで行って欲しいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/346

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 2日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トイプードルの病気や事故について」です。

次のブログ記事は「トイプードルの飼い方で注意する点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。