2009年7月アーカイブ

トイプードルの歴史についてお話したいと思います。
プードルは古い時代からの歴史ある犬種と言われています。その起源については不明で、ギリシャ、モロッコ、ロシア、ポルトガルなどに分布していたと言われています。最終的にはドイツからフランスに渡り、フランスで人気を博した事からフランス原産と言われるようになりました。プードルの体の大きさで、スタンダード、ミニチュア、トイプードルの3種類に分類されています。

スタンダードプードルは、もともと鳥猟犬として飼育されていました。泳ぎが得意で水鳥猟における回収犬としてプードルは活躍していました。
ミニチュアやトイプードルのサイズは、フランスやイギリスで、サイズダウンする事に熱心なブリーダーが、スタンダードプードルを小型化したものになります。プードルほど、それぞれのサイズが小型化され優秀な能力を発揮する犬種はまれにいません。

ミニチュアプードルは優れた嗅覚で、フランスではトリュフ狩りの名手とも言われています。
トイプードルは、多芸、多才なところが魅力的です。理解力に優れたトイプードルは、トレーニング性能が高く、サーカス団の主要なメンバーとなっているほど。私たちを楽しませ驚かせてくれる知的な犬の芸は、プードルによってもたらされて来たと言われるほどです。

サイズダウンによりプードルの歴史は、使役犬から愛玩犬へと変化し現在に至るのです。

今ペットショップなどで、とても人気のあるプードル。
価格はペットショップやブリーダー、地域によって違ってきますが、20万前後と思われます。

プードルの歴史を知ることで、これからプードルをペットにしようか考えていた方も、現在飼われている方もますます、愛着心が湧くと思います。時代に歴史があるように動物にも古くからの由来や歴史があるんですね。

トイプードルの性格は、とてもフレンドリーで人間が大好きな甘えん坊さんです。愛嬌があり、うれしい時の表現力は大人になってもかわりません。
子供とも相性がいい子が多いので自宅にお子さんがいても仲良く遊びます。
トイプードルは比較的、他の犬とも仲良くなるので、散歩をしていても自分から吠えることはあまりありません。
学習能力も高く、頭がいいのでサーカスなどでも活躍しています。知能指数はボーダーコリーの次と言われているほどです。
頭が良いので、飼い主が逆に利用されないようにしつけはしっかり行いましょう。

トイプードルが、サークルに入っていたりすると、頭がいいトイは、自分でロックを手で押し上げサークルから出たりします。
お菓子を取るために、いろいろな手段を考えたりできる、本当に頭のいいワンちゃんです。

トイプードルの性格は、習性などは同じですが、人間と同じくそれぞれに性格があります。
甘え方もそれぞれ違いますし、個性も違います。子供と遊ぶのが好きな子もいれば、一人遊びが上手な子もいます。
比較的に飼いやすいので、2頭3頭飼っている方も多く居ます。

人間に対して友好的な性格のトイプードルは、飼い主への愛情も深いので、信頼関係もばっちり。
うれしい時の尻尾の振り方や、食事の仕草、膝の上で安心して寝てしまう子など、プードルは表現力にあふれているワンちゃんです。

また毛も抜けにくく、匂いもあまり気にならないので、日本の住宅事情によく合った犬種です。

トイプードルも人間と同じで、性格や個性は幼い頃、育ったブリーダーの環境が影響してきます。
その環境でいかに愛情を掛けられ大事に育てられたかで、人間への接し方が違ってくるのです。手を掛けられてないトイプードルは、びくびくしたり、うなったり甘えるのもへたなので、すぐわかります。

毛色によって性格の違いを分けることもできます。人間で言うと血液占い程度と思って下さいね。
レッドの毛色は明るくラテン系と言われています。ブラックやホワイトは頭がいいと言われています。

トイプードルをペットに迎えたら、最後まで可愛がって欲しいと思います。

トイプードルの毛色についてお話したいと思います。

トイプードルの毛色は、どの色も必ず退色します。
最初に飼った時の子供の頃の色が一生続くと思いますが、2~3年後は必ず色が変化します。
早い子は3ヶ月ぐらいで毛色が薄くなります。

退色のスピードには、両親の毛色や、歴代の掛け合わせなどが大きく影響し、何年後に退色するといったはっきりしたことは、断言できません。
しかし、歴代レッドの血筋のトイプードルは、生後半年で更に色が濃くなります。2年経っても退色がないと言われ、7歳になったトイプードルが綺麗なままのレッドの子もいます。

最近は毛色がレッドのトイプードルの人気が高く、値段もカラーによって違います。
毛色をメインで購入したいと考えている人は、3代の掛け合わせを確認しショップの人や、ブリーダーの人に疑問に思うことは聞くようにしてください。
同じレッドでも千差万別で、ブリーダーでも知識がなかったり、通販でペットを購入いたりすると、トラブルの原因になります。

毛質は定義上、カーリーの子(巻き毛)とコーテッドの子(縄上)に分かれます。
現在ではカーリーのプードルがほとんどですが、アメリカでは、コーテッドも復活に向け、生み出す努力が続けられています。

毛色、毛質を決めワンちゃんを購入したら、自宅でのケアをしっかりと行ってくださいね。

プードルは、いろいろなカットが楽しめるので、トリマーさんにトイプードルのカット切り抜きなどを持参して、同じように仕上げてもらうのもいいでしょう。毛量や巻きの弱い子もいるので、その子にあったカットをしてあげてくださいね。

トイプードルの毛色は、いろいろなことを調べてから購入したほうがいいと言うことが解っていただけたかと思います。
実際に子犬を目で見てできれば母親も見せてもらい、購入することをお勧めします。

今とても人気のある小さなテーカップサイズのプードル。
そのテーカップトイプードルの現状についてお話したいと思います。

テーカップトイプードルのテーカップとはアメリカで生まれました。
文字の通り、テーカップに入るサイズの小さな犬とのことを示します。
しかしJKC、AKCは規格として認めていません。

テーカップトイプードルが、アメリカで言われていることは、1年が経過して体高が9インチ、重さは4ポンド、これは日本で23cmと1.8kgの事を言います。日本では成長した大きさが25cmと2kg以下と言われています。

この小さなサイズをテーカップサイズと読んでいます。
CMなどでもこの言葉が使われ、グッツなどもあるように、言葉は確実に認知されています。
小さくてとにかくかわいい、そして人気のあるトイプードルです。

しかしかわいいだけではありません。問題点もあります。

■購入した時の子犬の時に小さくても、成長したらテーカップのサイズに収まるのか。

■未熟児だけではないか。

■体が弱く、体調はいいのか。

■小柄メスの母親が、無理やり産んだ子犬ではないか。
実際に2k未満のお母さんは難産になりやすく、子犬への危険も高いと言われています。

■子犬に授乳制限をしている

■妊娠中のお母さんにサプリメントを飲ませ、赤ちゃんが大きくならないようにしている。

など解らない部分でたくさんの問題や、可愛そうな事実が起こっています。


実際に、毎日の食事の管理は大変です。抵抗力が弱く病気がちになる子もいます。
病気の治りが遅く、かみ合わせの悪い子も多くいます。便からサナダムシが出て、普通サイズに戻るなど、悪徳のペット業者も多く居ます。体の弱い子は骨折やパテラの危険性も高くなります。

小さくてとてもかわいいテーカッププードルですが、メリットとデメリットを掌握してからの購入をお勧めします。
大きさも2ヶ月前後の段階では成長の予測が出来ないので、両親や血統上の情報などしっかりとした説明を聞いからペットとして迎えるか決めてください。ご飯の与え方で成長も変わりますが、ちゃんとした生き物であることを忘れないでください。
量を与えずに体重を増やさない行為は絶対にしないでください。

トイプードルのお手入れで特に注意する事は、健康上の問題と毛の手入れです。

トイプードルは耳がたれているので、外耳炎になりやすく、慢性的な外耳炎の子がたくさんいます。
子犬の時にブリーダーから迎えた時点で、耳に異常のある子が50%と言われているほどです。
原因は、水遊びが好きな犬種なので、耳の穴に毛が生えています。これが蒸れやすくなる原因です。

月に一度、この毛を抜いてあげるといいです。
初めはわからないと思うので、購入した先のショップの方に聞くか獣医さんに相談してみてください。
耳の洗浄は1週間に1回ぐらいを目安に行って下さい。獣医さんなどからフランス製の耳の洗浄液を購入できたりするので聞いてみてくださいね。その洗浄液の使い方は、耳に液を流し、耳の穴の下を1分位揉み、その後犬が耳を振った後に、綿棒でふき取ります。
よごれが出てくるので、綺麗にふき取ってください。
きます。綿棒は、綿棒の先の綿がしっかり付いている物を使用してください。耳の中で取れるとトラブルの原因になります。
注意してくださいね。

トイプードルはコートの手入れは毎日行います。
プードルは巻き毛なので、毛玉が出来やすく、抜け毛がからまるので、毎日ブラッシングしてあげるようにしてください。
ブラッシングすることで、毛玉が出来なくなり、抜け毛や汚れ、ほこりの排除が出来ます。ブラッシングは、皮膚に刺激を与えて血行がよくなるので、皮膚病なども防ぐことが出来ます。この作業は、毎日犬と触れ合うことで、ブラッシングだけではなく、健康状態も掌握できます。

ブラッシングのやり方は、力を入れすぎないでスリッカーで全体をブラッシングします。
毛玉は無理に取らず、柔らかくほぐしましょう。この時ブラッシングは楽しいことと認識させましょう。
やさしく声をかけながらブラッシングを行い、終ったら褒めてあげてください。

ちゃんとお手入れすることで、ペットも美しく健康な状態を保つことができます。
面倒だと思わず、お手入れを習慣にして楽しんで行って下さい。

トイプードルのシャンプーは、15日一回を目安にして行ってください。

あまりシャンプーをしすぎると、皮脂を取りすぎて被毛や皮膚にダメージを与えてしまいます。

シャンプーはいろいろなメーカーがありますが薄めて使った方がいいでしょう。十分に体を濡らしてから、足やお尻を念入りに洗ってください。足やお尻は汚れが多い箇所なので、シャンプーは少し多めに付けて洗いましょう。
リンスは付け過ぎずに、薄めで大丈夫です。毛玉が出来にくくする程度をつけてあげたら洗い流してください。

お湯の温度はその季節の気温にもよります。
37度から38度に設定してください。頭から濡らすのではなく、後部からかけ徐々に全体を濡らします。
顔の部分は頭を上げて洗って下さい。耳はやさしく引っ張りながら洗います。(撫でる程度で十分でしょう)
すすぎをしっかりせずに、シャンプー剤が残ると体が痒くなります。

シャンプー剤が合う合わないもあるので、合わない場合はすぐに使うのをやめてください。
いろいろ試してあげるのもいいですが、わからない時はショップにご相談するようにしましょう。

ドライヤーも洗う順序で行います。
やけどをさせないように、熱風は避け、距離を保ちます。その際毛を伸ばす様にブラッシングしてください。

冬はしっかり乾かさないと風邪の原因になります。
人間用シャンプーは使わないようにしてください。人間は弱酸性ですが、犬は中性からアルカリ性の成分になっています。

またトイプードルトリミングは、月1回を目安にしてください。
トイプードルの毛は、抜けずに伸び続けます。
月に一度のカット、爪、耳、肛門線等、清潔にしてあげてください。
カットもトイプードルの楽しみの一つです。
料金は大体7000円前後と覚えておいてください。トリマーさんの学校が近い場合は、モデル犬も多く募集しているので、問い合わせてみましょう。その場合、料金は3000円位で出来ますよ。

トイプードルの飼育で注意する点をお話したいと思います。

トイプードルは骨折に注意してください。

トイプードルに限りませんが、チワワやヨークシャー等の小型犬は、骨折しやすいと覚えておいてください。
ドアに挟んだだけで折れてしまう場合があります。

普段愛犬と生活している中で、ソファーから飛び降りたりすることも危険です。
ケージの上から降りただけでも小型犬は骨折する場合があります。

なるべく高い所に昇れないよう工夫して、安全な場所を作ることも大切です。
トイプードルが骨折した場合は、完治するまで2ヶ月以上かかります。その間、ワンちゃんにもストレスが溜まり、飼い主も大変な思いをします。手術代も治療費も高く、骨折の仕方では後遺症が残る場合もあります。同じ箇所を折ることも多いので、過激な遊びは避け、家の中も危険箇所を作らないようにすることが大切です。

フローリングなども滑らないようにしてあげてください。

フローリングが滑ることで、足腰に負担をかけてしまいます。年齢と共に悪くなる事もあります。
タイルカーペットやコルクの様な滑りにくい物がいいでしょう。フローリングの滑り止めは簡単に塗ることが出来ます。

また、トイプードルに多いのは、足の裏の毛が伸びすぎていることです。
滑る原因になるので、普段からよく見てあげるようにしてください。


ウンチを食べてしまうワンちゃんも注意して見てあげてくださいね。
習性なので、不自然な行動ではありませんが、ウンチを食べてしまう行動が治らない場合は、ごはんに生のパイナップルを入れます。
次の日のウンチは食べなくなるので、実践してみて下さい。

トイプードルのしつけについてお話したいと思います。
トイプードルに限らず、最初のしつけは根気がいりますね。
しかし怒ってばかりでは、犬も覚えてくれません。
犬を誘導しながら、一つ一つ覚えさせ、出来たときはよく誉めてご褒美をあげましょう。

まず、犬に何をさせたいかを考えてください。
何をさせるべきなのかも重要なポイントです。

犬には、どんな行動をしたらほめられるのか考えています。大好きな飼い主にほめられたいのです。
無視されることは、ショックでもあり、ストレスを与えてしまいます。

はじめは出来なくてあたりまえです。少し間違ったくらいで、怒鳴ったりすることはやめてください。
褒めるときは思いっきり褒めて「よく出来たね」と撫でてください。
叱るときは短く、いつまでも叱っていても意味がありません。その場で悪いことをした時だけ、叱ってください。
時間が経過すると、何に怒られているのか犬はわからなくなります。

本にもたくさんのしつけが書かれていますが、実践して、その子にあったしつけをしてあげてくださいね。
マニュアル通りにすすまないのは当たり前です。
犬には飼い主の感情がわかる生き物です。

はじめて家に迎えるトイプードル。いつからしつけを始め、何のためにしつけをするのか、解らないことも多いと思いますが、しつけは心を通わせる物でもあり、よい関係を維持するために大切なことです

念願のトイプードルが我が家にやって来たのですから、短気にならず、根気よく、しつけを楽しんで行って欲しいと思います。

トイプードルの事故や病気についてお話したいと思います。

トイプードルが1歳になるまでかかり易い病気では、初め環境の変化から、腸内細菌のバランスを崩した下痢が多いようです。
この時期にキャンピロバクターと言うらせん菌の1種が増える場合があるそうなので気をつけてください。
抗生物質で治すことができます。2~3日あれば大丈夫でしょう。

子犬の時の誤飲誤食にも注意しなければなりません。
床に落ちていた紐やぼたんを飲み込んだり、靴下などを噛んで飲んだりしてしまうこともあります。
パソコンや電話のコードにも気をつけてください。

無事に出てしまえば問題はありませんが、体の中に傷がつくなど、1つ間違うと開腹手術になります。
バナナの皮などをまるごと飲みこんで具合が歩くなった話なども耳にします。
子犬の手の届くところから危ないものは排除するようにしてください。

事故では骨折が多く高いところからのジャンプはさせないで下さい。

トイプードルの具合が悪くなったとき、獣医さんにお願いすると思いますが、お医者さん選びも重要です。
飼い主の話をよく聞いてくれる獣医さんを選びましょう。
きちんとした病院は、病気の原因や処置を分かりやすく説明してくれます。
治療費の内訳も教えてくれるので、解らないことはなんでも聞くようにしましょう。

24時間対応してくれる病院などもあるので調べてみてくださいね。
友達でトイプードルを飼っている人が居れば、その友達に相談してみるのもいいでしょう。
いろいろな経験をしていると思うので、1番参考になるのではないかと思います。

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。