トイプードルの年齢を把握する

| トラックバック(0)

トイプードルを飼う前に、犬についていろいろな事を知っていた方が、飼う時の不安も少なくなると思います。
トイプードルの小さい時の姿は、目がくりくりしていてぬいぐるみのように可愛らしい顔をしています。

しかし、どんなに小さな小型犬でも、年をとります。人間と同じように老後の世界があります。
ワンちゃんの年齢について知っておけば、トイプ-ドルを購入してから、家族としてどれくらいの期間一緒に遊んで、一緒に暮らせるのかがわかりますね。

犬は人間よりもとても早いスピードで年を取ります。あくまでも目安ですが、これからワンちゃんを飼う方に参考にして頂ければと思います。犬が1ヶ月の時、人間の年齢で現すと1歳 になります。犬が3ヶ月であれば5歳です。6ヶ月を迎えると9歳、1年で16歳になります。2年目になると人間で言う20歳、成人式ですね。4年で30歳、6年で40歳、8年で48歳になります。
どんなに元気でも、体が小さくても、年を取っているのがわかりますね。
10年で55歳、13年で68歳、16年で80歳になります。16年ぐらいでワンちゃんは死んでしまうことが多いようです。
20年で96歳、21年で100歳になるわけです。21年の間一緒に過ごせるとは限りませんし、病気になったりすれば、寿命も短くなります。成長や老化の速さは、犬種によっても違い、育てられている環境でも大きく変化します。

大型犬は、8~9歳になると老化の兆候が見られるでしょう。小型犬は大型犬よりも長生きと言われていますが、生き物である限り、年はとるのです。

年齢を把握し、老後のことも頭に入れて、トイプードルを飼って欲しいとおもいます。
最後まで責任がとれると言う人でなければペットを飼う資格がないと、私は思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/332

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年6月21日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひどく吠えるトイプードルの飼い方」です。

次のブログ記事は「トイプードルの赤ちゃんの飼い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。