トイプードルの老化についての話し

| トラックバック(0)

トイプードルの老化についてお話したいと思います。
どんな生き物でも生きている限り、私たちと同じように老化現象があります。

老化は病気ではないことを理解していただきたいと思います。7歳くらいになると大体老化が始まると言われています。
トイプードルが今元気に走り回っているのであれば、その姿からは想像しにくいかもしれませんね。

そもそも老化とは、年齢と共に運動能力が落ちたり、消化器官が衰えたりすることを言います。
疲労回復が遅くなり、食事の量も徐々に減ります。寝ていることが多くなったら、老化の始まりと思ってください。

体内では、免疫力が落ち、がんや糖尿病、肥満症などの生活習慣病にもかかりやすくなります。

■肥満気味になる
■散歩中の動きが鈍くなってきた
■いつも寝ている
■運動を嫌がるよ
■目が白っぽくなる

トイプードルの様子を見て、老化なのか、病気なのか判断しないといけません。解らないことがあったら自分で判断せずに獣医さんにみてもらってください。最近では、犬の平均寿命も伸びていますが、健康な状態で長生きさせるためには、ストレスをかけないことが大切です。
生活環境の改善、温度変化の調節などにも気をくばってあげてください。


老化と勝手な判断をして、背骨に異常があって、動くのをいやがっていた子もいます。
ヘルニアなどになると、歩けなくなることもあり、頬って置いても病気は治りません。しこりがあったワンちゃんも、老化現象と思っていたら、腫瘍であることがわかったケースもあります。

犬は話が出来ないので、飼い主がしっかりと守ってあげてください。
かけがえのない命なのですから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/329

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年6月20日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トイプードルの病気の症状について」です。

次のブログ記事は「トイプードルの避妊と去勢についての話し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。