トイプードルの血統書の中身は?

| トラックバック(0)

トイプードルの血統書とは?
血統書と言う言葉はよく耳にしますが、血統書の中身はどのようなものなのでしょうか。

世界的に、犬を管理する団体、FCI(国際畜犬連盟)この団体はドッグショーでの犬種グループの分類や、世界各国の様々な団体を管理しています。

イギリスはKC、オーストラリアはANKC、アメリカはAKC、日本ではJKC(ジャパンケンネルクラブ)になるわけです。
ジャパンケンネルクラブはペットを飼っている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

日本では、ジャパンケンネルクラブの他に、PD(日本警察犬協会)やJCC(日本コリークラブ)などの独自団体があります。
血統書とは、ジャパンケンネルクラブを含めた団体が発行するものです。(血統を管理し、特定の犬種を保存するために発行されている)

血統書の中身は、犬種や登録番号、生年月日が記載されています。
さらに、トイプードルならトイプードルの母犬と父犬、さらに両祖父母犬と、曽祖父犬、被毛のカラー、血統、種類など、3世代までの過程が記載されています。

これにより、血統書を見ただけで、犬の系統と繁殖方法がわかり、ワンちゃんがきちんと保証されているのです。

血統書は、ブリーダーの申請で発行され、JKCからブリーダー、そして飼い主に送られます。
血統書は子犬の引渡しから数ヶ月かかる事もあります。

人間でいうと家系図です。

ドックショーに関わるトイプードルであれば血統書は大切ですが、家でほのぼのと暮らすのであれば、そこまで神経質にならなくても良いものです。

私も血統書は持っていますが、トイプードルを購入してから、1度も役に立っていませんよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/326

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年6月18日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブリーダーの生命保証制度」です。

次のブログ記事は「トイプードルの通信販売の流れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。