トイプードルの出産と交配についての話し

| トラックバック(0)

トイプードルの出産と交配についてお話したいと思います。

初めての交配は年齢が1才以上で、発情の2回目以降が理想とされます。
ただ交配させるのではなく、生まれた子の貰い手も生まれる前から、きちんとしておいたほうがいいでしょう。

万一の場合も考え、生まれてきたトイプードルのすべての子犬を、自分で飼っても良いと思う気持ちで望んでください。
自宅で飼っているトイプードルがメスの場合は、交配相手の男の子探しからはじまります。
ペットショップなどに相談してくださいね。

交配の前にしなければいけないことは、まずシャンプーです。次にノミやダニ予防、そしてフィラリアの検査をします。
陰性かどうか確認してください。他にお腹の虫の駆虫と、スメア検査をしなければなりません。

次回ワクチンが出産予定日前後の場合は、早めに済ませてください。

ワンちゃんは交配から58日~64日目前後赤ちゃんを産みます。

出産はスムーズとは限らず、難産になることがあります。
獣医さんに連絡をとっておくようにしてください。
トイプードルは比較的お産が楽だと言われていますが、命にかかわることなので、慎重に万全の体制で望んで欲しいと思います。

トイプードルの赤ちゃんが出てきたら、母犬は子犬を包んでいる羊膜を舐めます。
その行動をしない場合は、人間が手でちぎって顔を出してあげます。迷っている時間はないので、しっかり行ってください。
不安なときは獣医さんがそばに居てくれると安心ですね。

呼吸をしない子がいたら、子犬の口や鼻の中にある羊水を何回か吸いあげます。
汚いなどと言っている時間はありません実際立ち会うと本当に涙がこみ上げるほど、真剣なのです。

それでも呼吸をしない子犬は、両手ではさんで、遠心力で吐き出させるようにします。
このやり方は事前に獣医さんに教わってください。頭を固定しなければならないので、きちんと聞くようにしましょう。

弱々しく少しだけ口で呼吸をしている子犬は非常に危険です。鼻で呼吸が出来るまで背中をこすり続けないと死んでしまう事があります。

飼っているトイプードルの子供が欲しいという軽い気持ちだけで、お産をさせることは危険なことがたくさんあります。
しっかりとお産について調べたり、勉強したりして、万全の体制で、お産に立ち会って欲しいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://toypoodle.okkaman.net/mtos/mt-tb.cgi/335

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年6月22日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トイプードルの赤ちゃんの飼い方」です。

次のブログ記事は「トイプードルの赤ちゃんの飼い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。